【お試し暮らし】体験レポート2「男3人で合宿気分でお試し暮らし!日常では経験できない毎日でした!」

体験者プロフィール(体験当時)
名前  笹尾 和宏さん (29)
性別  男性
所属  大林組
住まい 大阪市中央区
期間  H22.10/5~10/31

3人でお試し暮らしを始めたきっかけは?

社会人になってから、会議の場とは違う、何となくお喋りしながら意見交換したりする場がなくなったなと思っていたんです。
それで、数人と共同生活をしてOFFの時間を一緒に過ごしながらいろんな話をしてみたいと思っていて。
此花には「このはな咲かせましょう」(※1)の頃から遊びに行っていたので、スタッフの方からお試し暮らしのことを教えていただいて、ちょうどいいかなと思って始めました。

1ヶ月と期間が長いですが理由はあるのですか?

生活に慣れるぐらい長期滞在したいと思っていたので、特別に「見っけこのはな」(※2)の出展者として部屋を借りた期間があるんです。だから、お試し暮らしの期間(通常2週間)+ 出展者として作品制作の期間で、合わせて1ヶ月滞在していたんです。
日中はみんな仕事があるので、帰って来てから布団の上で深夜の企画会議をして、ぎりぎりの期間で作品を作りあげました!

まちのお店には出かけましましたか?

仕事が早く終わった日は、飲みにいろんな場所を探索しました。たまたま入ったお店が居酒屋なのに、お客さんが揃ってお腹がいっぱいになりそうなボリュームのカレーライスを食べているお店だったなんてこともありました。他にも50代のママのいるスナックに行った時は、アットホームな雰囲気で、他のお客さんと一緒に楽しみました。
あとは、千鳥温泉によく行ったのですが、そこはサウナに入りながらテレビが見れるんです!専用スピーカーもあって、音も聞こえるのでよく利用していました。

お客さんやお店の人はどんな印象でしたか?

若い人がお店に来るのが珍しいらしく、みんな話しかけてきてくれましたね。あるお店の常連のおばちゃんに気に入られて、猛烈なアタックを受けたりなんていう、普段じゃできないような体験もしました。あとは喫茶店は、飲食する場所っていうよりはみんながおしゃべりする場所になっていていましたね。

3人でお試し暮らしをしてみてどうでしたか?

まちは過ごしやすいし、出会う方も親切だし、よかったですよ。
3人で暮らすという、普段では出来ないことも体験できましたし、この年で同年代の男の人がどんな生活してるのかが見えて面白かったです。歯磨きにでるクセとか、お酒を買って帰るけどいつも飲みきれないで寝ちゃうとか、個性がみえましたね。

最後に此花への想いを聞かせて下さい!

まち全体がゆるやかにまとまっていて、いろんなレイヤーでアーティストさんや若い人が活躍できると思います。
もっと、若い人が住んで、若い人が行く店が増えて、新しい此花が出来上がっていったらいいなと思います。

※1 このはな咲かせましょう 2008年に行われたイベント。「此花アーツファーム」の活動のスタートを地域内外に広くプロモーションすることを目的に、梅香・四貫島エリアの街中を会場にイベントを開催しました。
※2 見っけこのはな 「このはな咲かせましょう」に引き続き行われたイベントで、本イベントに関わった出展者の多くが現在、作品の制作・発表の場所を此花 梅香・四貫島に構えて活動しています。

ありがとうございました!

▼笹尾さんが此花で撮った写真一覧