此花区梅香に新しいギャラリー”the three konohana”がオープン!

3月15日、此花区梅香に新しいギャラリー”the three konohana”がオープンします。代表は、インディペンデントキュレーターの山中俊広さんです。初回の展覧会は、関西を拠点に精力的に活動を続けている絵画作家、伊吹拓さんの個展「“ただなか” にいること」が開催されます。是非、ご来廊ください!

詳しくはコチラ
http://www.thethree.net

       http://konohana-artsfarm.net/wp-content/uploads/2013/03/thethree.jpg
【ギャラリー概要】
名称:the three konohana (ザ・スリー・コノハナ)
住所:〒554-0013 大阪市此花区梅香1-23-23-2F
アクセス:阪神なんば線千鳥橋駅より徒歩3分。JR環状線および阪神なんば線西九条駅より徒歩9分
電話・ファックス:06-7502-4115
ホームページ:http://www.thethree.net
メールアドレス:info@thethree.net

【開廊のごあいさつ】
「the three konohana(ザ・スリー・コノハナ)」は、次代の私たちの現代美術のあり方を考え、再構築していくために必要な諸要素を、新たなプラットフォームに置き換えて実践する、大阪市此花区に開いたギャラリースペースです。展覧会を中心に、現代美術に特化した各種企画を進めてまいります。
《three/3》に、ギャラリースペースとしての重要なコンセプトを込めています。「第三者」の存在を意識することを念頭に置き、従来の限られたコミュニティの中で固定化された、「作家、ギャラリー・ディレクター、美術愛好者」の関係のみで留まることなく、新たな「第三者」を見い出して、この場に迎え入れます。それによって、現代の流動化する価値観と共に、美術の価値やあり方をより深く議論する機会を提供する場とすることを目的といたします。
そして、「Konohana’s Eye」「Director’s Eye」「Gallerist’s Eye」、この3種類の展覧会企画を継続的に開催することによ って、美術界の主役となるべき作家と彼らをサポートするギャラリーやディレクター/キュレーターの関係性を考察し、大阪・関西はもちろんのこと、日本の現代美術が進むべき理想的な協働形態を追求していきます。さらには、現代の優れた作家・作品・表現を後世に残すことの意味、さらには将来の日本の現代美術が時代と共に健全に歩んでいける確信を、ここで見出していければと思っております。
上記の展覧会企画の他にも、アートによる新たな街づくりを提唱し実践している此花エリアの各種活動と連動した企画も提案・実行して、時代性を鑑みた美術における思想の追求、私たちの生きる社会構造の進展へ、美術を通じて微力ながらでも寄与していくことを目指してまいります。
2013年2月
the three konohana
代表 山中俊広

Konohana’s Eye #1
伊吹 拓 展「“ただなか” にいること」

2013年3月15日(金)~5月5日(日)
開廊時間:12:00~19:00
休廊日:毎週月曜~水曜、3月21日(木)

会場:the three konohana
554-0013 大阪市此花区梅香1-23-23-2F
TEL/FAX 06-7502-4115(3月初旬開通予定)
HP:www.thethree.net
メールアドレス:info@thethree.net

the three konohana 開廊パーティー/伊吹拓展 オープニングパーティー:
3月15日(金)17時~22時

http://konohana-artsfarm.net/wp-content/uploads/2013/03/ibuki.jpg
伊吹 拓《midst》
油彩、綿布 162x162cm 2013 【当展出品作品】