【梅香堂】花代 写真展「灰色区域」 開催のお知らせ

梅香堂にて花代さんの写真展「灰色区域」が、9/14より開催されています。未発表の新作18点の展示や、展覧会に合わせて、限定版写真集『灰色区域』も出版予定とのことです。

詳しくはこちら
http://www.baikado.org/now/
以下、転載。

花代 写真展「灰色区域」
hanayo — “Grauzone”

2013年9月14(土)日〜10月27(日)日 13:00〜19:00
火・水曜日休堂 入堂無料
※オープニング・パーティ 9月14(土)日 17:00~ 無料
協力:ギャラリー小柳

1996年に発表された写真集『ハナヨメ』などによって、ガーリーフォトの草分けとされた花代。何気ない日常という被写体は変わらぬものの、当初の明るくポップな作風から、より幻想的で叙情的な写真へと変化を続けています。写真が本質的にそなえる男性原理から、軽やかに逸脱する表現を追求してきた花代のあらたな試みである、一昨年以降に撮影された未発表のモノクロームの新作18点をご紹介いたします。また、限定版写真集『灰色区域』も発表します。

花代 hanayo
http://www.hanayo.com/

1970年生まれ。アーティスト。写真、音楽、パフォーマンスなど、その活動は多岐にわたる。
近年のおもな個展に、「花代展」(ギャラリー小柳/2008)、「On a Genetic Level: Smell Light Laugh Memory Tear」(Galerie Birgit Ostermeier/2009)、「においと光と笑いと記憶と涙の関係」(VACANT/2010)、「物理的心霊現象のメカニズム」(パラボリカ・ビス/2010)、「colpoesne」(NOW IDeA/2010)、「Doppelgänger N Da Hood」(limArt/2012)、「ベルリン hanayos saugeile kumpels」(NADiff・蔦屋書店/2013)、「Berlin」(タカ・イシイギャラリー京都/2013)。グループ展に、「Rooms Without Walls」(Hayward Gallery/2009)、「No Man’s Land」(在日フランス大使館旧庁舎/2009)「花代 飴屋法水」(浅草橋Le lieu/2012)、「MONDI」(Galleria Vault/2012)、「Les Soirées Nomades」(Fondation Cartier pour l’art contemporain/2012)。近年のおもな写真集に、『MAGMA』(赤々舎/2008)、『花代冩眞帖』(ステュディオ・パラボリカ/2010)、『colpoesen』(ユトレヒト/2010)、『よ な は』(天然文庫/2011)、『Doppelgänger N Da Hood』(limArt/2012)、『ベルリン hanayos saugeile kumpels』(月曜社/2013)、音楽アルバムに、『wooden veil』(Dekorder/2009)などがある。